プロフィール

まるか

Author:まるか
体が悲鳴をあげながらも バドミントンやってます。
読み応えのある本
   笑えるマンガが 好き♪
バームクーヘンが 大好き♪
青い空と蒼い海も大好き♪


コメントありがとう♪


最近の記事


お気に入り


最近読んだ本

東野圭吾  「流星の絆」           「夜明けの街で」「手紙」            宮部みゆき 「楽園」「あやし」            水野敬也 「夢をかなえるゾウ」        田村裕 「ホームレス中学生」       梅原司平「売れない歌手でよかった」       新元良一 「あの空を探して」       常盤新平 「恋人たちのいる風景」       柳美里  「オンエア」 「男」       山田太一 「丘の上の向日葵」     馳星周 「ブルーローズ」        伊坂幸太郎 「ラッシュライフ」                野沢尚 「恋愛時代」            湊かなえ 「告白」                    道尾秀介 「片眼の猿」         村上由佳 「ダブルファンタジー」                 伊坂幸太郎 「週末のフール」    道尾秀介 「骸の爪」「背の眼」          「花と流れ星」 「鬼の足音」                  山田悠介 「ライブ」「オール」           「ドアD」                     誉田哲也 「歌舞伎町セブン」

カテゴリー


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:バドミントン
少年Aくんを 精神科に連れて行きますと
適性検査で 境界線知的障害と診断されました

これは軽度と正常の間という診断です
先生は車の運転も仕事もできるというお話でしたが
とてもとても日常の生活基盤ができていないので
彼を知ってる周りの人は 口を揃えて「無理!」と言います

ご家族は 彼の障害を受け入れができないようです
それは そうなんだと思います
そしてレッテルをはられるから
行政に申請に行かないと言われたそうです

本来は 小中高のいづれかで先生のサポートによって
然るべき対策を講じられるものなのですが
拾ってもらえなかった珍しいケースなので
彼を福祉施設等に就業させる前に
まず家の方に受け入れと理解をしていただかないと
どうにもこうにも前に進まず、
彼は家でごろごろして毎日を過ごしています

お金がないからどこにも行けなく
早く対処してもらいたいけれど
「あとは行政に任せてください。」と言われたので
どうにも待つしかありません。

どの位の期日を待てばいいのか聞くと
まずは家の方の受け入れが先なので
「すぐにとは言えない」との事

重くてね、辛くてね
どうすることも出来ない、期日不明な待ち時間は。

ある人は 何かあったら動くけど・・・と言われました
出た! 何かあると

何かって何?
何かあってからでは遅いのですがね。

仕事をしていないとは言わないけれど
痛みのわからない箱の中で仕事をしている人には
何かって簡単に言うけれど
なんかね~


福祉が充実してきている現代ですが
どの位の日が経過して対処してくれるのか
忘れない為に ここに記しておこうと思いまして。


スポンサーサイト
コメント

ホントに・・・もどかしいですね。。。
行政に限らず、待っていても、誰も人のために
動いてくれないこと多いですね。
震災の時、すぐに保険会社に連絡し、状態を見に来てくれましたが、
その後、音沙汰なしでした。先日、今年度分の保険金を支払えって通知がきたので、窓口まで行き、
支払いましたが、地震の保険はどうなっているのか?
問い詰めたところ、所長さんが、飛んで来て、
「すみません、すみません」と平謝り・・・
すぐに、査定に来て、1週間で保険が降りました。
待っていてはダメなんだと、学んだ次第ですわwww

まるかさんの行動と、思いは、ご家族というより
彼本人に、きっと届いていると思います。
そういう第三者って、とってもとっても大事だと
私は思っています♪

軽度と正常の間というのも,実に曖昧な評価ですね!
しかし,家族の気持ちも分からなくもない。。。
もちろん,まるかさんの思いもわかります。
「何かあると」という言葉に陥るのも・・・
・・・まあ,ありがちな話で。^^;
日本っていうのは,強い精神論というのが良くも悪くも根付いていて。それが,現代の様々な物事に影響を及ぼしていることも少なくない。
一方,『福祉』という言葉をよく耳にするようになったものの,極めてビジネス的な『福祉』であって,社会的にはその本質を昇華するに至っていないのが現状でしょう。
行政の体質は今後もそう大して変わらんでしょう。
人こそ財産である島国日本であるなら,なおさら弱いものを強いものが守ると言う図式が確固たるものでなければならないと思うんだけどな。そういう考えでいけば,福祉なんてのはどこぞの金持ちや権力者がボランティアでやるべきなんだよ!そう思わないですか?
そういうのが出てこないこと自体,不思議でしょうがない。

★風舞さまへ

地震の保険は査定が難しいのでしょうか?
対処件数が多いのはわかりますが、風舞さんが窓口に行ってなければ、いつになっていたのでしょうね。
足を運んで問い詰めることの出来ない方々は 延期延期だったのでしょうか。


家でごろごろしている彼に時々どうしてる?って電話をしてるのですが、私に慣れてきたのか、声に張りが出てはっきり話をするようになりました。

私も「そんな小さな声だと聞こえないわ」と偉そげに話をします(笑)
なんかね、彼は今から生活基盤の建て直しをすれば、う~んと成長する、そんな気がします。

★ぷうやんさまへ

そうそう、そうなんですよ。
後見人制度やら形式的ことは、前にでてきてるんだけど
まだまだ、まだまだですわ。

各地域には民生委員さんがいらっしゃるので
行政はその方々に動いてもらって・・・などと、
なんと手温い様子です。
「動いてないことないんです」と言っていました。

彼には時間はあるけど、お金がない
働く目星もなく、家でどう過ごしているんだろうと
気にかけつつも、何も出来ないのでやきもきしています。
「運命」・・・こんな2文字で片付けてしまっていいのでしょうかね。

もっとひどいネグレクト(育児放棄)を聞いて
大人になりきれていない大人が多いのに驚いてるこの頃です。

あ~ぁ、宝クジが当たんないかな~
買わないと当たるはずないしな~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © FERICE all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。