プロフィール

まるか

Author:まるか
体が悲鳴をあげながらも バドミントンやってます。
読み応えのある本
   笑えるマンガが 好き♪
バームクーヘンが 大好き♪
青い空と蒼い海も大好き♪


コメントありがとう♪


最近の記事


お気に入り


最近読んだ本

東野圭吾  「流星の絆」           「夜明けの街で」「手紙」            宮部みゆき 「楽園」「あやし」            水野敬也 「夢をかなえるゾウ」        田村裕 「ホームレス中学生」       梅原司平「売れない歌手でよかった」       新元良一 「あの空を探して」       常盤新平 「恋人たちのいる風景」       柳美里  「オンエア」 「男」       山田太一 「丘の上の向日葵」     馳星周 「ブルーローズ」        伊坂幸太郎 「ラッシュライフ」                野沢尚 「恋愛時代」            湊かなえ 「告白」                    道尾秀介 「片眼の猿」         村上由佳 「ダブルファンタジー」                 伊坂幸太郎 「週末のフール」    道尾秀介 「骸の爪」「背の眼」          「花と流れ星」 「鬼の足音」                  山田悠介 「ライブ」「オール」           「ドアD」                     誉田哲也 「歌舞伎町セブン」

カテゴリー


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:すてきな事
子ども達を海まで送り、家に帰るつもりが
出入り口に 何かを畳んでいるグループがいました
パラセイリングです(パラグライダーだそうです)

パラセイル1  パラセイル2

おじいちゃま(75歳)がイスに座っていらっしゃったので
お話を伺うと、いろいろと詳しく教えて下さり
現役だそうで、上から下りるという事は
上に登らなければいけないと教わりました
こ~んな急な斜面を 20キロの荷物を背中に背負い
(ヘルメット・ビデオ・パラシュート・無線・予備用パラシュートなどなど)
持たせていただくと、重いのなんのって・・・
パラセイル崖 パラカバン 空パラセイル


どの方も 様々な世界の山を飛んでいらっしゃるそうで
思わず「鳥になった気分になるんですか?」と尋ねますと
「一緒に飛んでみますか?二人用がありますよ」と。
結局、答えは聞けませんでしたが
「やってみられたら わかりますよ」と言われました

心の準備が出来ていなかったので お断りしましたが
皆さん 天気予報士に負けない位、風や雲に詳しく
難しい試験に合格してトップライセンスを取得され、
初級コースを勧めてくださってんだけど
このパラセイリングを一式揃えると
100万円以上要し、お金と時間のある人でないと
出来ないことがわかりました

若者がしているものだと思っていたのですが
なんのなんのナイスミドルっぽい熟年紳士ばかりでしたよ
滝のような汗を流しながら 険しい崖を登って
風に乗る・・・なんて素敵なんだろう

いい風だと2時間は 空を飛んでいられるそうです
ちょっぴり怖そうだけど 1度はやってみたいなと思いました


スポンサーサイト
コメント

うわ~~~♪気持ちよさそうですね~~~♪p(^-^)q
ジェットコースターが苦手な私はとても出来そうにもないけど、、、
せっかく空を自由に飛んで、ずっと目をつぶっていたら
何にもならないもんね~~wo(≧∇≦o))))
それにしても、道具で100万円・・・
20キロの荷物を担いで上まで登る・・・
きっと、その苦労を超える魅力があるんでしょうねぇ~

いいですね~
折角だからトライしたらよかったのに~
今の若い子にはなかなか手の出しにくい世界ですね。

★風舞さまへ

この空を飛んでいる方々に聞いてみますと
パラセイリングは怖くないけど、スカイダイビングは怖くて出来ないとおっしゃいました。

私には どちらも同じようなものだと思うのですが、
違いのわかる男 コーヒーでも飲んで考えたいと思います(笑)

老体に20キロはきつそうで、やや若者・・・と言っても50代の方が2人分抱えて山を登っておられました。
そんなにしてまで夢中にさせるものがあるんでしょうね。

★コメットちゃんさまへ

コメットちゃんの大好きなバリにも よく行かれるそうですよ。
絶好の飛ぶ場所があるそうです。

折角だからトライさせてもらおうかと思ったのですが、
海への送迎だけだと思っていたので、半パンツに半そで、つっかけの姿だったんですよ。
ジャンパーの皆さんは 長袖のつなぎで山の中に流されても大丈夫な完全防備の服装だったので、あまりにも無茶だぜ~と諦めました。
毎週末、神鍋まで講習を1年間通う元気は 私にはなさそうです。

写真のはパラグライダーだね。
まあ,高所恐怖症的な私には無縁の世界ですね。www
でも,アクション映画でもたまに見かけるウィングスーツなら・・・ちょっとかっちょいいかも!!とか思ってます。ww

★ぷうやんさまへ

あはっ! パラグライダーなんですね(汗)
セイリングとライダーは 違うのねん・・・
一応 調べたんだけど、素人にはどちらも同じか・・・みたいな適当な判断でした。へへへ(アバウトな性格がモロにあかるみに・・・)

怖くないのか尋ねると
「どんな時でも対処できるように勉強してますのでね」とおっしゃいました。
さすがですね。
どんなものでも夢中になれるものがあるって 素敵ですよね。
私も何か見つけてみたいです。
ぷうやんさんは 何か夢中になれるものありますか?

仕事!なんちって!!www
つうか,何でもやりだすとムキになるのです。
だから,あまりはまらないように気をつけてます。笑
でも,今はキミに夢中さ!!てへっ!・・・さぶっ
冗談はさておいて!笑
年とってくると,なんだかそういう遊びみたいなものには正直あこがれますよね。
キャンピングカー欲しいと本気で思ってましたが。。。でも,日本じゃなー。船も欲しい。
つうか,その前に金いるよね~。ないよね~。www

★ぷうやんさまへ

仕事かぁ~・・・企業戦士ですね。
社長が聞いたら喜ばれますよ~~

ぷうやんさん 大阪人は普通 キミって言いませんやん(笑)
関西人が ~でさぁ~とかは、なんて似合わないんだろうね。
余談ですが、食べ物で1番苦手なものは 卵の黄身です。
お金がかからず、健康的で楽しめるものって コレに限りますよ!
風舞さんのように「ヨサコイ」です!
ね~、風舞さん! (今頃 クシャミされてるかしら?)

仕事柄ですかね。
文章とかは特に関東方面に併せてしまいますね。
しゃべり言葉も大分と東よりに訓練されてるしね。ww
でも,生粋の関西人です。笑
黄身が苦手ですか。私は黄身が大好き!ですけど。笑
踊りはちょっと・・・^^;
『これ』とは特に決めずに,そのときやりたいことを今までやってきたので,それでいいかな?とも思ってます。^^

★ぷうやんさまへ

そうですね。
それにヨサコイはお金がかかりそうにないっぽく書いてしまいましたが、衣装やらメイクやら体1つって訳でもないみたいです。

その時 やりたいことを出来る範囲でやれるって すご~く幸せなことですよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © FERICE all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。