プロフィール

まるか

Author:まるか
体が悲鳴をあげながらも バドミントンやってます。
読み応えのある本
   笑えるマンガが 好き♪
バームクーヘンが 大好き♪
青い空と蒼い海も大好き♪


コメントありがとう♪


最近の記事


お気に入り


最近読んだ本

東野圭吾  「流星の絆」           「夜明けの街で」「手紙」            宮部みゆき 「楽園」「あやし」            水野敬也 「夢をかなえるゾウ」        田村裕 「ホームレス中学生」       梅原司平「売れない歌手でよかった」       新元良一 「あの空を探して」       常盤新平 「恋人たちのいる風景」       柳美里  「オンエア」 「男」       山田太一 「丘の上の向日葵」     馳星周 「ブルーローズ」        伊坂幸太郎 「ラッシュライフ」                野沢尚 「恋愛時代」            湊かなえ 「告白」                    道尾秀介 「片眼の猿」         村上由佳 「ダブルファンタジー」                 伊坂幸太郎 「週末のフール」    道尾秀介 「骸の爪」「背の眼」          「花と流れ星」 「鬼の足音」                  山田悠介 「ライブ」「オール」           「ドアD」                     誉田哲也 「歌舞伎町セブン」

カテゴリー


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:楽しい事
暑い暑い12時過ぎから 子供会のすもう大会が
山のてっぺんであったので 付いて行くことに。

なんだ坂、こんな坂・・・のつもりが
きついのなんのって。

ほんでもって、先日の雨で滑るのよ
苔なんかも生えてて、普段は誰も通らないような
細い通り道で。

子ども達は スイスイ足並み軽く、案の定
引率者のあたし、置いてきぼりでしたわ

待って~という叫びもむなしく、
こけたら骨折、滑ったら骨折・・・と
呪文のように唱えながら登りました

え~え、頂上に到着しましたら
「お母さん、お化粧流れてきてるで!」と娘
だって、日焼け防止の為に 長袖着てたしー
山登り

下りも呪文を唱えながらです

み~んな、へっちゃらへ~の様子で いかに自分に
体力がなかったことを思い知らされた1日でした
足腰ガクガクです





スポンサーサイト
コメント

お山のてっぺんで相撲大会?
金太郎の世界ね(笑)
私は、ポー○化粧品を愛用していますが
運動して、目いっぱい汗かいても
化粧崩れはあまりありません。
粒子の細かいファンデを探されると
いいかも。
お疲れ様でした!

★風舞さまへ

今朝、体がだるくて起きれずに
子供を学校まで車で送るハメになりました・・・

ファンデーションは中身が1万円のものを使っているのですが、
こういう時は やはりお水使用のパンケーキでしょうかね?
眉も無くなっていました。
なにしろ頂上で 首に巻いてたタオルで
汗をごしごし拭きましたもんで。

来年は 子ども達だけで登ってもらいようにします。

こんばんは。
山登りですか。
私も昨日少し登りましたよ。
仕事ですけどね。ww
楽な山の歩き方をお教えしましょう。
頭から腰までをあまり上下前後させずに意識して歩くこと。
足はつま先を外に広げ気味(逆ハの字)で、足を上げすぎない。
足もとばかりを見ずに、視野を広くする。
要約すると、山登り=辛いという意識を捨て、
街の平坦なところを歩いているように歩くことです。
気持ちだけで、余計なところに力が入りすぎて、余計に疲労しますからね。
写真見ると・・・いい道ついてるじゃないですか!
これならまるかさんでも楽勝ですよ。^^

★ぷうやんさまへ

えっ?!これ、いい道なんですか?
苔が生えてて ズルッと何度滑ったか・・・

なるほど、素人は余計なところに力が入りすぎるんですね
日差しがきつかったのもありますが、
普段、汗をかかないので汗腺が 閉じてしまっているもんだと思っていましたが、いえいえ、閉じてなんてなかったです。
私、まだ汗 出るんです!(かなり嬉しい!)

視野を広く・・・ですか。
山登りは 人生と同じなんですね
奥が深いのですね

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © FERICE all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。