プロフィール

まるか

Author:まるか
体が悲鳴をあげながらも バドミントンやってます。
読み応えのある本
   笑えるマンガが 好き♪
バームクーヘンが 大好き♪
青い空と蒼い海も大好き♪


コメントありがとう♪


最近の記事


お気に入り


最近読んだ本

東野圭吾  「流星の絆」           「夜明けの街で」「手紙」            宮部みゆき 「楽園」「あやし」            水野敬也 「夢をかなえるゾウ」        田村裕 「ホームレス中学生」       梅原司平「売れない歌手でよかった」       新元良一 「あの空を探して」       常盤新平 「恋人たちのいる風景」       柳美里  「オンエア」 「男」       山田太一 「丘の上の向日葵」     馳星周 「ブルーローズ」        伊坂幸太郎 「ラッシュライフ」                野沢尚 「恋愛時代」            湊かなえ 「告白」                    道尾秀介 「片眼の猿」         村上由佳 「ダブルファンタジー」                 伊坂幸太郎 「週末のフール」    道尾秀介 「骸の爪」「背の眼」          「花と流れ星」 「鬼の足音」                  山田悠介 「ライブ」「オール」           「ドアD」                     誉田哲也 「歌舞伎町セブン」

カテゴリー


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:子供
身長も体重も足の大きさも追い抜かされて
ニキビも出てきて日々、息子の成長を実感しています

とても優しい子で末娘は 母より、兄が好き!なんです
それ位 面倒見がよくて責任感が強い子です

長男のぼんくら・・・その言葉そのものです
競争心がなく、要領もよくなく、自分の要望を言葉に出さず
我慢する子なんです

「お母さん、算数のわからないとこ
    後で手の空いた時に教えてな」

そんな中、あまりに優しい問題が説けてなくて
いつになく早口でまくり上げて叱りました
彼は声も出さず つーっと涙を流し、
こちらのどんな応答にも返事なし

たまたま朝から理不尽な電話でカリカリしてて
叱りながら「なんもそんなひどく叱らなくてもいいやん」
自分で思いながらも・・・

そうしていると息子は泣きすぎて鼻水がでて
何十枚もテッシュを使い、少しすると
咳き込んで なんとなんと 
その鼻が喉に落ちたのか
喉から鼻を出す術が わかってなかったのか
むせこんで呼吸困難?過呼吸?になってしまい
もう目が白目状態で 私はオロオロ!

名前を呼んでも 払いのけられ 苦しそうで
背中をさするしか出来ず 無力を思い知らされました。
よく見ると鼻筋がすごく腫れていて
後で聞くと 学校で友達の肘鉄がたまたま鼻に当たって
腫れたせいで余計に鼻呼吸ができていなかったみたい

苦しくて死ぬかと思った
お母さんの呼び声は全然聞こえなかった
ただ急に息が出来なくて 苦しかった・・・・と。

私、反省しました。
息子は もういっぱいいっぱいやったんです
上手く言えなくて どう説明しようか考えていたのに
頭ごなしに叱って ギャーギャー言う嫌な母でしたわ
きっと、息子には「鬼」に見えたに違いありません

体は大きくなったけれど 心はまだまだ12歳
この世に生まれて まだ12年なのに。
ごめんよ ごめんね あの日なんでかイライラしててん
そんな時、あるねん ごめんね

その夜は疲れ果ててすぐに寝てしまったので
翌日 謝ると なんにもなかったように振舞っていましたが
大嫌いな耳鼻科には 通院してくれる気になりました

それぞれの胸に持ってるコップの水が
溢れないように見守るのが 親の努めだと
わかっていながら 私がそのコップに水を
注いでしまいました
反省しています

子供を育てる母として お恥ずかしい限りですが
今度 同じ事がないように 忘れないように
ここに書き記しました
スポンサーサイト
コメント

子供

私は我が侭ですから、自分が気に食わないと子供を怒ったりしていました。今は叱る事も無くなりましたが、それで良かったと思っています。
子供は親の事を見ていますから、良いか悪いかは自分で判断するものだと思っていますから。

なんて無責任な父親なんだろ(笑)


まるかさん、こんばんは。
今日は変なメールを送って申し訳ありません。
まるかさんにメールしたら落ち着くことができました。
ありがとうございました。
子どもがいろいろな刺激を受けながら成長しているのに、
私自身は全然成長してないことに気がつきました。
私は母親歴4年ですが、今回のまるかさんの記事は
とても勉強になりました。

ところで、今日から東野さんのドラマ始まりますね。
有明きょうだいの絆はとてもステキでうらやましいです。
まるかさんちのおにいちゃんも妹思いなんですね。

ご無沙汰……しております。
私も母親にまだまだなりきれなくて考える毎日でございます。子どもは何歳になっても子ども、子どもなんだけれど自尊心は子どもから大人まで必要なもの、子どもなんだけれど一人の人として、そして大人として信頼してやることが親の務めと、今になって実感しております。
子育てを卒業して、ともに歩みたいと願いつつ、一歩踏み出せない私です。

まるかさんはえらい、親が子どもに謝ること、
必要なんだけれどなかなか難しい。
悪いことをしたと思ったとき謝れることが、
大切なんですよね。ファイト!!!!

今思い起こせば、(なんで、あんなこと言っちゃったんだろうw)
って、思うこと、沢山あったと思います。
すぐその場で気付くことはなかなかできないことです。
子供にあたってしまうときって、自分もいっぱいいっぱいだったんだと・・・
私は、次男を出産するとき、入院中は、ジジババに
長男を預けていましたが、2~3年前に
「俺はおかんに捨てられたときがあった」
と、そのときのことを言われてびっくりしたことがありました。
子供にとっては、お母さんに見捨てられて
じいちゃんちに預けられたという感覚だったんでしょうね・・・
うんと、しつこいくらい、長男に説明すればよかったけど
こっちも出産に頭と体が一杯で、長男の気持ちまで
考えられませんでした。

母親失格か・・・
失格でもいいんじゃない!?
「合格!」の母親なんて、きっと世界中探したっていないよ。
子供だって母親だって人間だもんね。
自分自身ではないのだから、何もかも100%分かってあげることも分かってもらうことも絶対できないよ。
だって、自分で自分のことが分からなくなることもあるくらいだし・・・。
完璧なお母さんである必要なんてないと思います。
自分が悪かったと思えば子供にでもちゃんと謝る。
それで十分じゃないかな?

って偉そうなこと書いてますが、私もついつい「できた母」になろうとしてしまいます。
こうして、親も親として成長していくんでしょうね。
これはきっと、「母」になった瞬間から死ぬまで続くことなんだよ。

途中で目頭が熱くなりました。

先日 幼稚園でコーチングをしていらっしゃる先生から「子育てを通して自分探しをしてみませんか?」というお話を聞きました。
最後はみんな涙涙でホールが感動に包まれました。
みんないろいろと思うところ感じるところがあるんですよね。
その先生によると子供が水をこぼした時、
「どうしてこぼすの?」
ではなく
「あ~ら、かわいい。こぼしたのね~」
となります。
スキップで毎日を過ごしたくなるのが理想だとか・・・

★BOSSさまへ

父親という立場は なぜかしら怖いものであっても違和感はありませんが、母親はどうも感情で怒ってしまう事も多々ありまして、イヤハヤ・・・

お恥ずかしいかぎりです・・・はい。

無責任とおっしゃっていますが
ちゃんとお誕生日会をされているのですから
微笑ましいですよね♪

★優香かあさんさまへ

メールをありがとうございました
この記事を見る度に 涙が出てきます
暫くは、いえ、嗚咽して泣いて白目になった息子の
姿は一生、忘れることはないと思います

あれから なんともなかったような生活ですが
私は数日、優しい母でしたが
今では、またまた鬼ババになっています
鬼ババですが 涙はもう流さすまい!と
思っておりますの

・・・ホンとにね~
親もこうして自分を育ててきてくれたのかしら
まだまだ勉強ですね

★おそらさまへ

またまた・・・やっちゃいましたよ
もうね~、息子・・・難しいわぁ~(泣)

元々、男の子はわかりませんねん(笑)
この子の繊細な心は 私に持ち合わせてないので
わからないことだらけです

でも、そんな繊細だから、すっごい優しいとこは
偉いなぁと見習うこともあったり・・・

先輩ママさんが いてくれて
ほんと、助かってます~~
ありがと~~~♪

★風舞さまへ

「お母さんに捨てられた」???
きっと永遠に言われ続けられるのでしょうね(笑)

特に月のモノ前なんぞは 些細なことでも
カリカリ・イライラです(汗)
わかっていても止まりません
もう、かっぱえびせん状態です

長男は ちょっぴり怒られてばかりで
可哀相な気もしますが
「君は生まれた時から全て、さらっぴんばっかりやねんで」と言いくるめて、写真の多さやおもちゃの多さを下の子と比較して第1子のメリットをたたえております・・・

★マリンさまへ

そうやんね?
母だって しんどい時があるねん!
ええやんね

しかし、感情で怒るのは やっぱりアカンよね
よくスーパーで「エエ加減にし~よ」と喚いてるお母さんを見かけますよね?
あまりいい感じはしませんが
結局、家の中で ソレと同じことを言ってるんだから
やっぱり、反省します・・・

友達親子って言葉がありますが
私はあまり好きではないのね
好きでないっていうかね~
うまい言葉がみつからないんやけど・・・
マリンちゃんは どうかな?

★きこりんさまへ

いいお話を聴く機会があったのですね
たまには、そういう講座もいいですよね~
忘れかけてる何かを再確認できてグーッです♪

子供が水をこぼした時
「あ~あ~、お母さんも子供の頃 何回もこぼしたわ」と一緒に拭くのは機嫌の良い時で
やはり、めちゃめちゃたくさんこぼして、
大切なモノが濡れてしまった時には
「ほら、ちゃっちゃと拭き~~!
 もお~~~」と角が生えてます・・・

機嫌というか、量とか濡れ具合で
怒りモードが変わってますわ

・・・スキップねぇ~~・・・ふふふ

そんなことありまへん

子供にとってお母さんっていうのは、
一番身近な存在ですやん。
なんじゃかんじゃいうても、お母さん大事ですねん。^^
うちの子もよくこっぴどく嫁に怒られます。ww
両おやが怒ってどないすんねんと・・・
そのたんびに私は子供をかばって、嫁に怒ります。。が・・・、子供はお母さんは悪くないといいます。
逆にかばっているはずの私に攻撃心むき出しになります。・・・嗚呼、男親の哀しきかな・・・(T□T)
感情的に怒るなとはいうものの・・・
でも感情を丸ごとオープンにできるのも親子の関係じゃなかろうか!とも思えます。^^

★ぷうやんさまへ

そうだと良いのですがね・・・
息子は、すっかりどころか、何事もなかったように
しているのが よけいに申し訳ないような気がしています。

多分、あんなひどい、突き落とすような怒り方は
しない・・・と思います。。。が
いやはや、わかりません(汗)

★ぷうやんさまへ

はい、父でなくて母親で良かったと思います
なんせ、私を怒らせたら 食事にありつけませんからね

あれ依頼、ちゃんと聞く耳を持つように心がけています
でも、暫くするとわすれちゃうんですよね~(汗)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © FERICE all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。