プロフィール

まるか

Author:まるか
体が悲鳴をあげながらも バドミントンやってます。
読み応えのある本
   笑えるマンガが 好き♪
バームクーヘンが 大好き♪
青い空と蒼い海も大好き♪


コメントありがとう♪


最近の記事


お気に入り


最近読んだ本

東野圭吾  「流星の絆」           「夜明けの街で」「手紙」            宮部みゆき 「楽園」「あやし」            水野敬也 「夢をかなえるゾウ」        田村裕 「ホームレス中学生」       梅原司平「売れない歌手でよかった」       新元良一 「あの空を探して」       常盤新平 「恋人たちのいる風景」       柳美里  「オンエア」 「男」       山田太一 「丘の上の向日葵」     馳星周 「ブルーローズ」        伊坂幸太郎 「ラッシュライフ」                野沢尚 「恋愛時代」            湊かなえ 「告白」                    道尾秀介 「片眼の猿」         村上由佳 「ダブルファンタジー」                 伊坂幸太郎 「週末のフール」    道尾秀介 「骸の爪」「背の眼」          「花と流れ星」 「鬼の足音」                  山田悠介 「ライブ」「オール」           「ドアD」                     誉田哲也 「歌舞伎町セブン」

カテゴリー


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:びっくり
ご存知であろうか!?
「現代の彫刻刀」を!

先日 学校から注文用紙を持って帰ったのを見て
 「なに~、これ、彫刻刀??
  え~今、こんなハイカラなん!!」
 


ラメラメ、しかも 先に安全カバーなるものが付いてる!
彫刻刀


価格は5本とこの右のプロの使うもの1本分の値段と同じ。
お安いんだけど 時代を感じた~・・・

この持ち手が「木」で作られている彫刻刀は
何故 こんなに持つところが 長いかと申しますと
プロが使い込むと 刀がちびてくるので
鋼は長く差し込まれておるそうな。
先がちびてくるずつ、持ち手の木の部分を削って
使いやすいようにする為に 長いらしいです。

折角、プロ用の新品のセットがあるので
それを子供の持ち易い長さに短くして
持って行かせるつもりに してたら
「皆と違う物を持ってたら いじめのターゲットやで!」
周りから言われたが 使う本人が 
「あるものを使う」と言ってるので様子をみるつもり・・・

 モノを大切にする気持ちも必要だけど
 皆と同じモノにする・・・・は ちょっと考えさせられたよ 


注文用紙を捨てられずに置いてる母なのであります・・・
スポンサーサイト
コメント

個人的な思いですが・・・
私は買いましたよ。
もちろんいじめに遭うからではなく、
時々忘れてくる子がいて貸してくれと頼まれます。その時にプロ用は使い慣れてこそのもの。
今の時代、学校指定と違うものでもし怪我をされると大変だからです。

我が家流の我が家
家用で使わせましたよv-16

私は、両親が「どうせ同じものを買うのなら、物を大事にしてもらいたいからいいものを!」という主義だったので、小学校のときから絵の具セットや習字のセット、もちろん彫刻刀も、学校からの案内で大多数の子が買うものと違うものを持っていました。
両親の言いたいことは理解できたので、大事にはしていたのですが、やっぱりみんなと違うものを持っているというのは、いじめられこそしなかったけど、子供心に「ちょっと嫌だな~」と思ったもんです。
親の思いと子供の世界との関係って、難しいですね・・・と、親になってシミジミ思うわ~~

小学生のころ、家にあった古~いたて笛を使ってた記憶があります。みんなと違うものを使ってたんですが、先生が「いい笛もってますね」って言ってくださって、どちらかというと人気者だったような気がします。

今は時代が違いますから、そのあたりは難しいですね。

さようでござるか・・・
上の子は 「なんでもいいタイプ」
下の子は 「皆と同じものでないと嫌なタイプ」

・・・買おうか、買わないでおくか・・・
どうしよ~~

いい先生に 巡りあえましたね
もっとも、昔は そんな先生が多かったのかも?

以前に 色の違う、家にあった楽器を持ってた子がいて 皆からはやしたてられ、 
やはり そこで先生が「お姉さんのパワーがあって、いいですね」と言われたそうです。
片や、隣のクラスでは 買い直した子がいました。
 先生の一言で ちょっとしたフォローで いかようにもなるんですよね♪

なっちゃんは 長女という特権の下、 何でもさらっぴんですね♪
 そういや~マリンちゃんも!
私は 次女で 姉からのお下がりを使った記憶は あんまり無いけれど
 多分、つかってたんだろうなぁ~・・・
イヤだったのかな~?
むずかしいね!



我が家は私が使っていた彫刻や笛などを使って
きっと子供心に嫌だっただろうねと反省。
教材として周りに合わせるのも仕方がないときもあるかなって・・
でも大切に使うことを教えるべきの学校側が
お母さんお父さんの持ってるものでも良いってことを前提に話してくれれば、良いのになぁ~
ってつくづく学校側の対応にむかつくところもあるよ。
買うのが当たり前のように話を進めるのよね。

でも~wo さんのように先生の一言で救われることだってあるんだなって。

私も次女でお下がりばっかり・・嫌でした。(笑)
服だって・・姉はお嬢さん服。私はジーパンって感じで合わないのに・・・嫌だったなぁ。
スカート。←今、持ってません。(トラウマ)

本当に今は何でもカラフルでおしゃれな教材がたくさんあるのね♪
ちなみに、私はすべて3つ違いの姉のお下がりでした。
今でも忘れないのが、『算数セット』
私のサイコロは木で出来ていたので、
他のクラスメートとは違うものでした。
他は何だったか、今、思い出せない(笑)
カスタネットも、私だけ木のカスタネット。
他の子は女の子は赤、男の子は青の
プラスチックだったと思います。
私は、二人の息子達には、中学まで、
それぞれ新しい教材を買ってあげました。
自分の子供時代のいやだった思いを
させたくなかっただけで、深く考えもしませんでしたけど(笑)

あ、洋服は、姉のお下がりは着た事ありませんでした。
だって、私の方がでかかったんですもの!(爆)

.じゃあ Mi◆koさんのスカート姿を見れるのは
至難の業というわけですね(笑)ははは

水泳が不得手な息子に
「皆のレベルに合わせてますので、スイミングスクールに
通わせたらどうですか?」・・・と言われたのを
今でも納得いきません・・・
 8割近くの生徒が スイミングに通ってます。
皆に合わせるって 子供も大変なんですね!

一生、心に残る先生に出会いたいものです。

北海道にお住まいだと Mi◆koさんはスキーやスケートは おてのもんなんでしょうね~?!

え~~っ?!花椿さんの方が デカかったんですか?
 ひゃははは~
そりゃ~ようござんしたね!
でも きっと言われたんでしょうね~
「この子、よく食べるのよ~」みたいな・・・
違いますか??
 うちも 末娘が 1番体格がしっかりしてます(笑)

教材ですが 兄、姉のものがあっても 新たに買う家庭が多いです。
・・・給食費は滞納しても 教材は買うんですね
おかしなものです・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © FERICE all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。