プロフィール

まるか

Author:まるか
体が悲鳴をあげながらも バドミントンやってます。
読み応えのある本
   笑えるマンガが 好き♪
バームクーヘンが 大好き♪
青い空と蒼い海も大好き♪


コメントありがとう♪


最近の記事


お気に入り


最近読んだ本

東野圭吾  「流星の絆」           「夜明けの街で」「手紙」            宮部みゆき 「楽園」「あやし」            水野敬也 「夢をかなえるゾウ」        田村裕 「ホームレス中学生」       梅原司平「売れない歌手でよかった」       新元良一 「あの空を探して」       常盤新平 「恋人たちのいる風景」       柳美里  「オンエア」 「男」       山田太一 「丘の上の向日葵」     馳星周 「ブルーローズ」        伊坂幸太郎 「ラッシュライフ」                野沢尚 「恋愛時代」            湊かなえ 「告白」                    道尾秀介 「片眼の猿」         村上由佳 「ダブルファンタジー」                 伊坂幸太郎 「週末のフール」    道尾秀介 「骸の爪」「背の眼」          「花と流れ星」 「鬼の足音」                  山田悠介 「ライブ」「オール」           「ドアD」                     誉田哲也 「歌舞伎町セブン」

カテゴリー


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:好きな本・映画
52冊 手許にあるので 8巻くらいまでは すらすら読めていたのだけれど

途中で 新作DVDを観たり、休憩していたけれど

GW辺りから 続きを読み漁っています

内容は 5分あれば読みたいと思うようなもの

時代劇ドラマになったら おもしろいだろうなと思う作品

さっ! 今から 続きを読みま~す ♪



スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:好きな本・映画
宮部みゆき 「桜ほうさら」

宮部ワールドは 大好きですが
今回の挿絵は いままでになくかわいい♪

この方の作品は 何と言っても
時代風景が浮かんでくる。
その時代に 住んでいたことあるの?って思うのよ

そして最後は 外国の映画のように余韻と
考えさせられるところを 残すところなんか
好きだわ~

書き回しが上手いというか
どうしたら こんなにピッタリな語彙が
ここで使われるんだろうと恐れいってしまうのだ

ご飯を食べながらの読書なんて お行儀も悪いし
子供の手前、教育にもよろしくないのは
承知だけれど、どうなるの?どうなるの?と
片手に本、片手にご飯・・・・

そんなに読み漁ってしまいたい1冊でした




| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:好きな本・映画
ご無沙汰です・・・

久々に食事の時間を惜しむほど、次のページを読みたいと
思える作品に出会いました

「ソロモンの偽証」 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ 宮部みゆき(新潮社)

読み応えのある、宮部ワールドは
わくわくどきどき、時には「ははは」と笑い声も出たりなんかして。

子ども達には「また本ばっかり~~~、何が面白いの?」と
変人扱いですが、
子ども達にも 本=難しい ではなく
寝食をわすれる程 のめり込むような本に
めぐり合ってもらいたいものです

トリコやハカイジュウの漫画も悪くはないけど
画が頭に出てくる小説に 出会えますように。。。

今から 梅を塩につけて 梅干を作りま~す♪





| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:好きな本・映画
ここんとこ文化的な生活を送っております

例えば、映画に行ったり 勿論ひとりで・・・

本は そうねぇ
伊坂 幸太郎の「バイバイ、ブラックバード」

これは邦画的終末ではないのよ
そこが好き!

道尾 秀介の「月と蟹」そして「光媒の花」

そして 「光とともに」
これはマンガなんだけど 20巻あるのかな?
子育てしている母の立場なら 誰もが涙するんじゃないかしら

いろいろと考えさせられた作品
もっと早くにこの本に出いたかったと思ったのでした



  
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:好きな本・映画
三国志

只今、手元にある本は みやべみゆき 「あやかし」
              ハリーポッター死の秘宝(上・下)
              三国志 30冊


この三国志・・・以前 活字版を読みかけてあまりに疲れ果て
マンガだったら大丈夫っぽかったので
サリーちゃんやバビル2世の生みの親である
横山 光輝さんのマンガで制覇!

マンガといっても侮れず、30冊読むにはひっじょーに
体力が必要でした
あまりに登場人物が多く、似た名前が連なってるもんだから
何度も前ページで確認しないと 誰がだれなのか
わからなくなってしまうのであります

長い長い歴史の中に 謀反、策略、降伏に戦
なんだか哀しい昔の物語

さぁ!次ぎは わくわくする「ハリーポッター」でも読むぞ~
| BLOG TOP |

copyright © FERICE all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。